割引される事もあるカタログギフトで結婚式のお返し品を贈ろう【Thanks For Gift】

引き出物に悩まないように!

カタログギフトは、下記の様な流れで利用可能になっています。簡単に贈ることが出来るので、引き出物選びに悩んだら、カタログギフトを選ぶようにしましょう。

カタログギフトを利用する流れ

カタログギフトを選ぶ

カタログギフトの中から、渡す相手が欲しそうなジャンルのモノを選びます。そして、カタログギフトの専門店舗に連絡してカタログの注文を行います。

相手にカタログギフトが届く

結婚式に来てくれたお礼に、カタログギフトを配送して後日届くようにしてください。事前にカタログギフトを贈る旨を伝えておくようにして、カタログギフトが届いたかの確認も行うようにしましょう。

カタログから商品を注文する

渡されたカタログギフトには、カタログの商品を注文するための申し込みハガキが入っています。それに、カタログから選んだ商品を記入してハガキをポストに入れてもらいましょう。

カタログの商品が届く

注文してから数日でカタログの商品が相手に配送されます。

カタログ

引き出物として利用される事の多いカタログギフト

結婚式を挙げる際に、出席してくれた方から御祝儀を受け取るでしょう。その御祝儀のお返しとして、カタログギフトを引き出物として渡す方も少なくありません。それに、引き出物以外にも出産の内祝いなどにもカタログギフトは人気になっています。また、カタログギフトは、カタログを相手に渡して、そのカタログから好みの商品を選ぶことが出来るプレゼントになります。ただ、大手メーカーが発行しているモノは、割引されないのがほとんどです。けれど、あるサイトでは、大手メーカーのカタログギフトを割引しているので、お得に購入することが出来ますよ。

カタログギフトのジャンルと好評の理由とは?

カタログギフトは、近年様々なモノを取り扱っています。そのため、欲しいものが無いということがありません。例えば、カタログに載っている商品が個性的なモノや興味のある商品がたくさん載っているモノ・体験するスタイルのカタログギフトなど。多くの種類があるカタログギフトは、渡されて嬉しい気持ちになるとともに渡した相手も贈りたいと思えるモノが多くなっています。なので、引き出物や内祝いなどのお返し品に悩んだ時は、カタログギフトを贈るようにしましょう。特に、相手の好みに合いそうなモノをイメージして選ぶと、相手に喜ばれる結果になるでしょうね。
カタログギフトが祝いの品として選ばれるのは、多くの商品の中から欲しいと思うものを選ぶことが出来るからです。それに、カタログのジャンルと料金を選ぶだけなので、他のお祝い品を選ぶのに比べて手間ひまがかかりません。そのため、お祝い品を渡す相手1人1人に気を配って、プレゼントを選ぶ必要も無いです。ちなみに、カタログギフトはかかった値段が分かりづらいため、割引されたカタログギフトを購入したり、安価のカタログギフトを購入しても大丈夫でしょうね。

名入れボールペンの専門店を厳選特集☆

広告募集中